当店は半熱風式と こまめな焙煎にこだわっています   直火焙煎にこだわる焙煎店が多く見受けられます。

実際「直火」を店名に掲げる店が多いですね。

直火は難しく技術が必要とか、 豆の個性が一番引き出せる云々・・・ はたしてそうでしょうか? 焙煎機はその構造で3つに分かれます。

前述の『直火式』、当店の使う『半熱風式』、 大手メーカーが使う『熱風式』です。

こまめな焙煎が可能な小型の焙煎機の多くは 直式か半熱風であるため、自家焙煎店のほとんどが この2つの方式の焙煎機のいずれかを使っています。

ではここで、焙煎方式の違いによる味の差を イメージしやすいように、 各方式の焙煎方法を簡単に説明すると、 こんな感じです。

1)直火式・・・コンロの上に網を置いて生豆を煎る。

2)半熱風式・・・コンロでフライパンを使って生豆を煎りながら、   上からドライヤー(熱風)で加熱もする。

3)熱風式・・・コンロは使わず、ドライヤーだけで加熱する。

直火式は火が豆に直接当たるので、香味が強くなります。

ただし豆の外側から加熱するため、豆の中心まで火を通す間に どうしても豆の外側の方がよく焼けて、全体的に苦味が先行しやすくなります。

熱風式は、火に全く当たらないので、“焦げる”感じは薄れ、 香味には欠けますが、直火と比べるとマイルドな感じになります。

半熱風式は、豆に直接火は当たりませんが、 鉄板越しに火が当たり豆の外側は焦げるため、香ばしさが引き立ちます。

その一方、熱風でも加熱もするので、外側を焦がしすぎることなく 中心まで火を通すことができます。

そのため、外はこんがり、中はふっくらとした コーヒー豆を作ることができるのです。

焙煎する量が多くなると、 10キロ〜30キロ釜の大型焙煎機を導入し、 一度にたくさん焙煎できるようにするのが一般的です。

しかし当店は、鮮度にこだわり 少量の焙煎を心がけているので 2台ある焙煎機はどちらも5キロの半熱風釜です。

この“釜”を交互に使って、 常に、こまめな焙煎を心がけています。

コーヒーの味を最大限に引き出し 鮮度の高い豆をお届けする、 これが当店のモットーです。

当店独自の焙煎方法で焙煎されたコーヒーの数々。

半熱風焙煎機ならではのまろやかな味わいを 是非お試しください。

   エスプレッソやカフェオレにも適した 強い苦味と豊かなコクの本格的深煎り 「クラシックブレンド」、 生豆の段階でブレンドしてから 焙煎をする混合焙煎で作った ほろ苦くと香ばしい中深煎り 「たかくらブレンド」。

ネット店で特に人気の高い 2種類のブレンドをセットして お届けします。

   珈琲専門店で 飲むような 本格的な珈琲を 家でも 楽しみたい・・・   そう思って いらっしゃる方は 多いのでは ないでしょうか。

  クラシックブレンドは単品(200g〜)でもお買い求めいただけます。

⇒クリック たかくらブレンドは単品(200g〜)でもお買い求めいただけます。

⇒クリック こちらの初回限定お試しセットの豆の挽き方につきましては 「豆のまま」もしくは「中挽き」のみとなっております。

他の挽き方「細挽き」「極細挽き」などは承っておりません。

上記の挽き方をご希望の方は他の商品をお選び下さい。

    

レビュー件数1,111
レビュー平均4.37
ショップ 自家焙煎コーヒー豆 さかい珈琲店
税込価格 698円